クレジットカード現金化の4つのメリット!

クレジットカード現金化にはどんなメリットがある?

クレジットカード現金化の利便性

クレジットカード現金化は即座に現金化することができ、利便性が高いと言っても過言ではありません。従って、様々なシーンで利用されることも多いのです。これから紹介するのは、利用シーンの中でも最も多いパターンになります。

クレジットカード現金化で多い利用シーン3選

no.1

冠婚葬祭

結婚式や葬式といった冠婚葬祭では、急な出費に悩む方も少なくありません。その為、クレジットカード現金化を選ぶ方も多いようです。確かに、クレジットカード現金化なら臨時出費の資金用途で利用できるので、オススメできる活用シーンだと言えます。

no.2

生計資金

キャッシング枠で上限まで使っており、クレジットカード現金化を生計資金にあてるという方も多いです。クレジットカード現金化はショッピング枠内なら自由に現金化できるので、生計資金にあてるのもいいでしょう。

no.3

借金返済

他クレジット会社の借金を滞納しないために、クレジットカード現金化を利用する方もいます。クレジットカード現金化を利用すれば、滞納することがなく借金返済も可能です。しかし、多用し過ぎるとかえって借金の管理が難しいので注意が必要です。

クレジットカード現金化の4つのメリット!

calculator

面倒な審査がなく誰でも使える

金融機関から借り入れする場合、勤め先から年収、使い道など、色々なことが聞かれます。そして、その情報を基に審査されるので、クレジット会社によっては時間がかかります。しかし、クレジットカード現金化ならショッピング枠を利用したサービスなので、面倒な審査もなく、時間をかけずに現金を手にすることができます。

信用情報に載ることがない

金融機関を利用して借金をすると、信用情報機関にその情報が履歴として残ってしまいます。借金を返済できない場合には、信用情報機関にブラックリスト登録され、再びクレジット会社と契約を結ぶには、返済後に5年~10年の年月を必要とします。しかし、その点、ショッピング枠の利用は借金に該当しないので、信用情報機関に記録されることはありません。

他の方に借金がバレない

借金であれば、審査する段階で職場に在籍確認の連絡がくることがあります。また、滞納が起こると自宅だけに限らず、職場にも連絡が来ますので、周りの方に借金がバレるリスクも高いです。ですが、クレジットカード現金化は審査自体がありませんので、職場に連絡されることはなく、安心して利用することができます。

総量規制などの対象にならない

一般的なクレジットカードですと、総量規制によって年収の3分の1程度の借り入れが限界になります。一方、クレジットカード現金化の場合、ショッピング枠が貸金業法の対象外となっているので、金額に制限されずに現金を引き出すことが可能です。その為、総量規制で制限されるまで借金している方でも、クレジットカード現金化を利用するケースもあるのです。

広告募集中